Josiah Wedgwood ジョサイア・ウェッジウッド

  • 創設者ジョサイア・ウェッジウッド
  • ジョサイア・ウェッジウッドの軌跡

創設者 ジョサイア・ウェッジウッド

一人の天才が歴史を創る・・・ウェッジウッドの歴史は、一人の天才、ジョサイア・ウェッジウッドによって始まりました。

photo photo

ウェッジウッドに流れるクラフトマンシップ

"英国陶工の父"と称されるジョサイア・ウェッジウッドは、1730年、チャーチヤード工場を営んでいた陶工トーマスとメアリー・ウェッジウッドの末子、第13子として、イギリス スタッフォードシャーに生まれました。9歳の時に父親が亡くなると、長兄の受け継いだ工房で徒弟となり、修業後、1754年には当時英国の最も偉大な陶工で、フェントンのマスターポッターであったトーマス・ウィルドンとの共同経営に入ります。そこでジョサイアは実験につぐ実験を重ね、アゲート ウェア、クリームウェア、新しい釉薬などの研究を進めました。彼は、後にこう記しています。「作品の胎土、上釉、色、形をたえず改良していこうと試みる時、我々を取り巻く大地は限りなく広がり、良い土は豊富にあり、労をおしまず努力する者には、その苦労にむくいる充分の恵がある。」これらの実験がその後の活躍の布石となり、壮大な事業に欠かせない財産となりました。ジョサイアの持ち前の職人魂と進取の気性が、「ウェッジウッド」を世界に冠するブランドへと成長させたのです。

トップに戻る
PAGE 1 / 7
photo photo photo photo

技術と芸術の融合~数々の名品

「これまでの陶芸を一歩進めて、芸術の域まで洗練させたい。」
それを夢見たジョサイアは、生涯、研究と実験を重ね、いくつもの名品を誕生させました。

完璧を目指して実験を重ね、白い器を作るのが難しかった当時にしては画期的な乳白色の「クリームウェア」を生み出します。この優雅なクリームウェアは時のシャーロット王妃を魅了し、「クイーンズウェア」の名が与えられ、1766年にはシャーロット王妃より「Potter to Her Majesty(女王陛下の陶工)」を拝命します。
ジョサイアはここで満足せず、研究や実験を重ねました。そして、1768年には深みのある光沢を放つ「ブラック バサルト」を完成。さらに、1774年には数千回の試作を経て、最大の偉業であるオリジナルの素地「ジャスパー」を発明しました。このユニークなストーン ウェアは、マットな質感で上品な色合いを特徴とし、当時の流行であった新古典主義デザインのレリーフ(装飾)を施してあり、まもなく世界中で多大な人気を博すこととなりました。

トップに戻る
PAGE 2 / 7
photo photo photo

実業家ジョサイア

ジョサイア・ウェッジウッドは、実業家としても相当な手腕を発揮し、着実に事業を拡大していきました。
1759年、29歳のジョサイアは、アイビーハウス工場を借り受け、独立。これがウェッジウッド社の創立です。その後、工場をブリックハウス、自身で建設したエトルリア工場へと移しながら、「ウェッジウッド」を不動のものとしていきます。
当時最大級の工場であったエトルリア工場では、合理化、規律、品質管理、専業化、従業員の福祉・健康管理など、革新的なシステムを導入し、科学と美と事業を一体化し、「質の高さ」と「多くの人々の手に」という一見相反した理念を実現していきました。
また、18世紀には珍しかったショールームをロンドンの目抜き通りに開設し、新しい需要を掘り起こすためにカタログを作るなど、商品の魅力を伝えるため様々な試みに挑戦し、ブランドを確立。ジョサイアの革新的なマーケティングの取り組みを、ブランド マネジメントの起源とする研究者もいるほどです。

トップに戻る
PAGE 3 / 7
photo photo photo

最高のビジネスパートナー、トーマス・ベントレー

ジョサイアの事業成功の背後には、生涯の大親友で最高のビジネスパートナーであったトーマス・ベントレーの大きな存在がありました。この二人の絶妙なパートナーシップの始まりは1762年に遡ります。ある時、リバプールへの出張途中に右脚を痛めたジョサイアは、ホテルでかかった医師を通じ、リバプールの商人であった同じ歳のトーマス・ベントレーと知り合いました。ジョサイアとベントレーはすぐに意気投合。二人はまったく正反対のビジネス背景を持っていましたが、単なる利益追求だけの商人ではないベントレーにジョサイアは魅かれ、一方、研究熱心なジョサイアにベントレーは好感を抱きました。その後、二人は共同経営者として「ウェッジウッド」の礎を築きました。
1969年には共同で新しい工場「エトルリア工場」を開設。ベントレーが車輪を回し、ジョサイアが手回しで轆轤(ろくろ)を引いた「初日の壷」が、この工場での最初の作品です。
博学でビジネスに精通したトーマス・ベントレーは、各国の王侯貴族に対してブランドアンバサダーとして活躍しました。ロンドンのショールームにて彼が王侯貴族のあらゆる要望に応えるべく尽力したことにより、ウェッジウッドの名は王侯貴族から注目を浴びはじめます。また、ロンドンからジョサイアに向けて流行の情報を送り、それらは商品開発上のアドバイスとなりました。ベントレーの趣味、芸術の知識、知識階級とのコネクションが、ウェッジウッドを大きく花開かせたとも言えるでしょう。

トップに戻る
PAGE 4 / 7
photo photo photo

社会事業家・科学者としての活躍

ジョサイアは、また、社会事業家や科学者としての側面も持ち合わせていました。
リバプールから内陸までを繋いだトレント&マーシー運河設立時には多大なる尽力をし、自社のビジネスのみならず、広く地域の発展に寄与しました。 また、奴隷制度廃止を訴え、"私は人間ではないのか、友ではないのか"というフレーズとともに、跪く奴隷のモチーフが施された「奴隷のメダリオン」を制作し、人々に無償で配布。メダリオンを沢山受け取ったアメリカのベンジャミン・フランクリンは、「『あなたの素晴らしいカメオのプレゼント』を友人達に配布したところ、みな(跪き)祈る人の像をじっと見つめて、心を打たれた表情を浮かべます(その像はよくできていますから)」と、ジョサイアへ感謝の意を返信しています。その他、フランス革命へも賛同するなど、自身の信念を貫き、協力を惜しまない、革新的精神の持ち主でした。 科学者としては、当時としては画期的な窯の中の高温を測るパイロメーターを発明し、名誉ある王立協会(Royal Society)会員に選ばれています。

トップに戻る
PAGE 5 / 7
photo

ジョサイア・ウェッジウッドと家族

ジョサイアは、1764年、いとこのサラと結婚しました。彼は家庭をとても大切にし、製品開発に際し、「サリー」と愛情を込めて呼んだ妻 サラのアドバイスに必ず耳を傾けました。

「女性の嗜好についての経験からいうと、それなくしては私のポットも貧相な形態でしか作れなかったでしょうし、どのような些細な作品であっても私のサリーの賛同がなければ完成しません。」
(ジョサイアの手紙 1767年10月)

サラとの間に誕生した子供たちは、ジョサイアの陶工家、科学者、社会事業家、実業家など、あらゆる側面を受け継ぎ、活躍しました。長女のスザンナは後に『種の起源』を発表したチャールズ・ダーウィンの母親となり、長男のジョンは王立園芸協会の初代財務長となりました。また、事業を次いだ次男のジョサイアII世は、画期的な美しい素地 ファイン ボーン チャイナを完成させ、最年少の息子、科学者トーマスは"英国写真の父"という称号を与えられています。 そして、その子孫にもジョサイアの科学的、革新的精神は脈々と引き継がれています。

トップに戻る
PAGE 6 / 7
photo photo

受け継がれるジョサイアの精神

ジョサイア・ウェッジウッドは、1795年1月3日世を去りました。彼の傑出したパーソナリティと周囲に与えた影響力はあまりにも大きく、ジョサイアほど陶磁器産業の発展に変化をもたらした人はいないといっても過言ではありません。

「ご婦人方を驚かせ、楽しませ、喜ばせ、度肝を抜く、それどころか(楽しみで)有頂天にさせることが目的」(ジョサイアの言葉)

『芸術と技術の融合を目指し、時代を先取りした製品を次々と生みだす』ことを夢見たジョサイア・ウェッジウッド。品質の高さ、細部へのこだわり、ユニークなデザインなど、ジョサイアが築いたブランドの根幹は、2世紀半を超えて、脈々と受け継がれています。英国らしいエレガンスを纏った新作への発表、新進気鋭のデザイナーとのコラボレーションなど、新たな挑戦に限りがありません。

トップに戻る
PAGE 7 / 7

WEDGWOOD

SWEET PLAM
MEMBER SALE
WEDDING GIFT
オンラインショップ限定 ブライダルキャンペーン
オリジナルギフトセット
送料無料サービス
東日本大震災に際し謹んでお見舞い申し上げます。 配送状況はこちら

ロイヤルアルバートはこちら
ウォーターフォードはこちら
ロイヤルドルトンはこちら