【イベント レポート】テーブルウェアフェスティバル 2018

whatsnew_20171227_TWFpresent.jpg

日本の名窯から海外ブランドまでが一堂に会する、国内最大級の“器の祭典”「テーブルウェア・フェスティバル2018 ~暮らしを彩る器展~」。

今年も約30万人の方がご来場され、英国をテーマにした特集ブースでは、
ウェッジウッドが提案するテーブルコーディネートや、日本初お披露目となる新作アイテムをご覧いただきました。
 

☆_W3A2008.JPG
 

 

イングリッシュガーデンをイメージした特集ブース。

入口から進むと、ジャスパー素材を使用した未発売の新作「バーリントン ポット」と
優雅なティータイムセット「ジャスパー ギルデッド レディー・テンプルトン ティーセット」が見えてきます。

 

entrance

 

中に進むと、2017年に発売されたジオやワンダーラスト、そしてこちらも未発売の新作リー・ブルームがお目見え。

 

Gio

 

★_W3A2006.JPG

 

Lee

 

ポット&ティーコレクション コーナーでは、フロレンティーン ターコイズや新作のティーをご紹介いただきました。

 

FTQ

 

多くの方に新生ウェッジウッドをご覧いただき、
写真を撮られたり、スタッフとのお話を楽しんだりして行かれました。

今回初お披露目となった新作リー・ブルームとバーリントンポットは、
伊勢丹 新宿店(2018年6月)、阪急うめだ本店(9月)での催事にて先行発売を予定しております。
どうぞお楽しみに。